医師

不登校状態と真剣に向き合う|心療内科や精神科を利用した治療方法

否定しないで認める

病院内

学校に行くことを拒否する子供に対して、頭を抱えてしまっている親御さんは多いです。そんな不登校気味の子供に対して、いろいろと策を講じてみたは良いものの、いよいよお手上げという場合は練馬区の心療内科に相談してみるといいかもしれません。練馬区には、子供の精神ケアをメインに行なっている心療内科が数多くあります。ご家庭のお子様に関してお悩みの親御さんは、まずは専門医のアドバイスを聞いてみることから始めてみましょう。

まず不登校のお子様を練馬区の心療内科に連れていく際には、本人に対してその旨をきちんと伝えておくことが大切です。本人に知らせることなくいきなり病院に連れて行ったり、無理やり連れて行ったりしたのでは、逆に事態を悪化させてしまうことに繋がりかねません。もちろん、初めのうちは病院に行くことを拒否するお子様も多いでしょう。ですがそこは親御さんが、真剣に自分自身と向き合うことの大切さを伝えることが何よりも大事です。そして、ここで大事なのが現在のお子様の状態を頭ごなしに否定してはいけません。否定するのではなく、現状を受け止めたうえでより良い解決方法を見つける1つの方法が心療内科での治療だ、ということをはっきりと伝えてあげましょう。

そして練馬区で心療内科を受診する際は、カウンセリング療法が充実しているかどうかを確認しておきましょう。クリニックによっては子供の話をろくに聞きもせずに、薬を処方して診察を終了してしまうドクターもいます。薬物療法のみの治療では一時的に症状を和らげることは出来るかもしれませんが、本質的な改善には至りません。子供と真剣に向き合って、治療してくれる心療内科のドクターを見つけましょう。