医師

不登校状態と真剣に向き合う|心療内科や精神科を利用した治療方法

本人を理解してあげる

相談

川崎市にある病院の精神科では、不登校やひきこもりになってしまった児童の治療を行なっています。川崎市の教育現場でも、不登校やひきこもり状態の児童数は増えており、社会的な問題になっています。川崎市の精神科でお子様の不登校やひきこもりの改善を考えているのであれば、まずは周囲の大人が思春期の子供たちの精神状態を正しく理解しておくことが大事です。まず思春期の子供というのは、徐々に親の手を離れ自立心が育ってきます。自立心が芽生え始めた子供は、同世代の友人と過ごす時間が増えてくるものなのです。同世代同士のコミュニティの中で様々な経験を積みながら、自身のアイデンティティを構築し成長していきます。しかし、不登校やひきこもりになってしまう子供というのは、この自立するタイミングでいじめにあったり、人間関係にトラブルが起こったりします。そして不登校やひきこもり状態になると、家庭内暴力や原因不明の身体症状が起こり、本人やその家族にとってつらい日々を過ごすことになるのです。

不登校やひきこもりという状態は長くなればなるほど、心配になるものです。ご家庭ではどうにも対処することが難しいと判断した場合は、まずは川崎市の精神科に相談してみましょう。いきなり川崎市の精神科にお子様を連れていくのではなく、最初は親御さんだけで伺う方が良いでしょう。お子様の性格次第では、いきなり病院に連れていかれることに対して嫌悪感を抱くことも考えられます。まずは精神科医に現状を説明し、治療への第一歩を踏み出しましょう。