医師

不登校状態と真剣に向き合う|心療内科や精神科を利用した治療方法

精神的な問題を解決

カウンセリング

横浜には子供向けのカウンセリング療法を行なっているクリニックがあります。子供向けカウンセリング療法は主に3歳から小学生までの児童が対象となります。自身のお子様に原因不明の身体症状、学校の成績の急低下、攻撃的な行動や言動、睡眠障害などの症状がみられるようであればそれは精神的なトラブルが影響しているかもしれません。

大人からしてみると、子供と精神的ストレスは無縁だと思ってしまいがちです。しかし実際は子供も精神的ストレスを感じますし、そのダメージも大人と同様です。むしろ、あらゆることに関して経験不足な子供の場合、大人よりも精神的ストレスを強く感じていることもあるのです。横浜の子供向けカウンセリング療法では、そのようなお子様向けにゆっくりと治療を進めていくことが出来ます。

では早速、子供向けカウンセリング療法の流れを確認しておきましょう。子供向けカウンセリング療法では、いきなりお子様がカウンセリングを受けることはありません。1回目のカウンセリングでは保護者の方のみの面談になります。理由としては、子供の精神的な問題というのは非常にデリケートだからです。治療に関して保護者自身がどこまで理解しているかが症状の改善に大きく関わってきます。そして2回目の面談も保護者のみになります。横浜の各クリニックによってカウンセリング内容は異なりますが、基本的にはお子様の現在の状況や、今後の治療に関する認識をすり合わせるための面談を行ないます。そして治療の流れが定まったところで、お子様本人、保護者、カウンセラー3人で面談を重ねていきます。横浜のクリニックで受けることが出来るカウンセリング療法は、お子様の症状によっては数カ月で終了することもありますし、数年かけてゆっくりと症状と向き合うこともあります。