ドクター

不登校状態と真剣に向き合う|心療内科や精神科を利用した治療方法

改善を諦めない

医師

大阪では、学校でのいじめや不登校が大きな問題となっています。まさか自分の子供が不登校生徒になるわけないと思っていても、何の予兆もなくその瞬間が訪れることはあるのです。まず、そもそも不登校とはどういう状態なのかということを再確認しておきましょう。不登校は学校に行くことに対して不安や恐怖を感じ、自分自身ではどうすることも出来なくなった上で、本人が導き出した1つの答えなのです。この不登校は、必ずしも大阪の学校でいじめを受けていることが原因ではありません。親や先生との関係がうまくいっていない時にも、不登校状態に陥ってしまうことはよくあります。

不登校状態の子供は自分自身が悩んでいることに対して、解決することをあきらめていることが多いです。問題を解決するためには、本人の意思を尊重したうえで、親や周囲の人間が真剣に向き合う必要があります。お子様の性格や悩みの内容によっては、病院で薬物療法とカウンセリング療法を用いながら、改善に向けて治療を行なうことが可能です。病院で処方される薬には、お子様の苛立ちや悲しみといった感情を抑えて、一時的に冷静な精神状態を作り出す効果があります。精神状態をフラットに戻すことで、ゆっくりと本音で話し合うことが可能になるのです。こうした薬物療法と心理療法を組み合わせることで、よりお子様の気持ちを引き出しやすくなります。ですがお子様によっては病院に行くこと自体がストレスになることもあるので、状況をしっかり判断することが何よりも大切です。

本人を理解してあげる

相談

川崎市でも不登校やひきこもりで悩んでいる児童は多いです。家庭で対処することが難しい場合は、精神科の専門医に相談をしてみるといいでしょう。的確なアドバイスをもらうことが出来ます。

もっと詳しく

否定しないで認める

病院内

練馬区には子供の精神的なケアをメインに行なっている心療内科があります。お子様が何かしらの精神トラブルを抱えている場合は相談してみましょう。より良い解決方法を見つけることが出来ます。

もっと詳しく

精神的な問題を解決

カウンセリング

子どもが精神的ストレスを受けた場合、様々な症状が起こります。子どもの精神的なトラブルは、横浜の子ども向けのカウンセリング療法で改善させることが出来るかもしれません。

もっと詳しく